読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

重力についての実験 PART 1(大きい値)

重力については奥が深く、検証すべき事がたくさんあるので、まずは値を大きくしていこうと思う。

 

なお、飛べるpxは証明してないが、Attomake君から聞いた情報だと重力10の場合40で、px=400/Gという反比例になると思う。

 

 

 

重力20の場合

2倍重くなり、飛べるpxは40から20にへる。

重力50の場合

5倍重くなり、飛べるpxはおそらく8pxである。

また、小刻みに1px振動する。

重力50~100の間

G55~65の間で、振動の頻度が著しく高くなることに注目したい

重力100の場合

ぶるぶるぶるぶるぶるぶるぶるぶるぶるぶるぶるぶるぶるぶるぶるぶるぶるぶるぶるぶるぶるぶるぶるぶるぶるぶるぶるぶるぶるぶるぶるぶるぶるぶるぶるぶるぶるぶるぶるぶるぶるぶるぶるぶるぶるぶるぶるぶるぶるぶるぶるぶるぶるぶるぶるぶるぶるぶるぶるぶるぶるぶるぶるぶるぶるぶるぶるぶるぶるぶるぶるぶるぶるぶるぶるぶるぶるぶるぶるぶるぶるぶるぶるぶるぶるぶるぶるぶるぶるぶるぶるぶるぶるぶるぶるぶるぶるぶるぶるぶるぶるぶるぶるぶるぶるぶるぶるぶるぶるぶるぶるぶるぶるぶるぶるぶるぶるぶるぶるぶるぶるぶるぶるぶるぶるぶるぶるぶるぶるぶるぶるぶるぶるぶるぶるぶるぶるぶるぶるぶると振動している<

10倍重くなり、飛べるpxはおそらく4pxである。

また、木材の摩擦でも影響を大きく受ける

重力400の場合

40倍重くなり、飛べるpxはおそらく1pxになるはずだが、ぶるぶるぶるぶるぶるぶるぶるぶるぶるぶるぶるぶるぶるぶるぶるぶるぶるぶるぶるぶるぶるぶるぶるぶるぶるぶるぶるぶるぶるぶるぶるぶるぶるぶるぶるぶるぶるぶるぶるぶるぶるぶるぶるぶるぶるぶるぶるぶるぶるぶるぶるぶるぶるぶるぶるぶるぶるぶるぶるぶるぶるぶるぶるぶるぶるぶるぶるぶるぶるぶるぶるぶるぶるぶるぶるぶるぶるぶるぶるぶるぶるぶるぶるぶるぶるぶるぶるぶるぶるぶるぶるぶるぶるぶるぶるぶるぶるぶるぶるぶるぶるぶるぶるぶるぶるぶるぶるぶるぶるぶるぶるぶるぶるぶるぶるぶるぶるぶるぶるぶるぶるぶるぶるぶるぶるぶるぶるぶるぶるぶるぶるぶるぶるぶるぶるぶるぶるぶるぶるぶると振動しているせいでよくわからない。

木材でも摩擦の影響を受けすぎて動けない。

重力1000の場合

振動が1pxどころじゃない、3pxもある

重力9999の場合(Transformice内エディターで設定できる整数の最大値)

15pxほど空中にういている。ぶるるるるるるるるるるると振動している

 

さて…

検証2・累乗

まず、累乗が効くかどうか。

重力10e2(10^2=100)の場合

重力は100より重くなり、1000とほぼ同等となった。よってeは効かない?

重力1e2(1^2=1)の場合

重力は100ほどになった。eは何かの数字に代用されている?

重力e2(表記不可能)の場合

xはそのまま、yだけ0になった。意味不明。と思って重力みたらNaNになった。

重力1e(表記不可能)の場合

重力は1となった。意味不明。

重力0e1(0^1=1)の場合

重力は0となった。意味不明。

重力1e9(1^9=1)の場合

非常に大きい数になった。

重力1e1の場合

重力は10となった。

重力10e1の場合

重力は100となった

重力2e1の場合

重力は20になった

とりあえずの結論

1ebの場合、1*10^b

2ebの場合、2*10^b

10ebの場合、10*10^b

aebの場合、a*10^b

やったぜ。

 

ほ ん へ

重力100000(10万)の場合

9999のあまり変わらない挙動をするが、完全に動けなくなる。

重力10000000(1000万)の場合

9999とあまり変わらない挙動。ただ重力はさっきの100倍となっている様子。

1e7と同じ。

重力1000000000(10億)の場合

同じ。

重力2147483647(2^31-1)の場合

お ま た せ

同じ。(は?)

重力2147483648(2^31)の場合

同じ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

よって、上限なし!!!!!!!!!←やったぜ。

重力1e100(10^100)の場合

同じ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

重力1e1234567890(10^1234567890)の場合

xはそのまま、yだけ0になった。NaNの場合と同じ。

この場合、NaN=Infinityとなる模様。

重力1e100~約1e156(実際は少し低い)の場合

ぶるぶる震える

重力1e156~約1.8e308(実際は1.79いくつかe308)の場合

とまる

重力約1.8e308~の場合

Infinityになる

重力999e999の場合

Infinityと判定され、xはそのまま、yだけ0になった。

 

以上、大きい値。

 

追記

第8回 実数型のしくみ[前編]:はじめMath! Javaでコンピュータ数学|gihyo.jp … 技術評論社

いつもおまたせおまたせ言うてる2^31-1は整数型(32bit)で、intと呼んだほうがいいかもしれない。-2147483648~2147483647である。これはMgocなどで当てはまる

今回の重力の場合は、倍精度実数型、つまりlongで、±4.9406545841246544×10^-324
~±1.79769313486231570×10^308である。よくわからない。でも、±1.79769313486231570×10^308は、Infinityと数字の境界線だろう。