夢 2016年10月

汚い夢だなあ

閲覧注意

 「淫夢ミュージアム

なんだこの汚い博物館は!?TDNから訴訟されるぞ!と思われるかもしれないが、実在するのだ。

行ってみるとKBTITのコスプレしてる奴いて大草原、汚すぎる、訴訟だが、俺はかなり面白かった。今までネット上での世界でしかなかったと思っていたものが、ネットの延長線上でもないリアルでこの様にして実現されているのだ。

 

これは真夏の夜の淫夢というグループがどれだけ大きいか表した施設でもいえよう。ネット社会が生んだ底辺が集まったような感じだ。ただ、小学生低学年児がいるのはどうしてなんでしょうかねぇ…

 

「田所さん!?まずいですよ!?」

真似している者ども。自分はその意思でこの施設に入ったわけじゃないと確信して、第三者からの目で楽しんだ。淫夢厨ばかりが集まった施設は、何やら社会のほんの一点だと感じた。全ての淫夢が集結したような光景だ。

 

――もちろん、野獣先輩やTDN、ひで… いなかった。

淫夢とは、情報生命体である。淫夢厨は、0か1かの世界、10年以上前のビデオを見て楽しんでいるのだ。故人かもしれないのに。

 

―BB先輩劇場

それは一言で言うと、人形遊びである。

別になんだって、東方でもオリキャラでも、アニメのキャラでもいいのだ。

でもそれは淫夢である。

 

淫夢である。野獣先輩である。

MURである。KMRである。KBSトリオである。

AKYSである。GOである。TDNである。DBである。HTNである。KYNである、KBTITである…

 

この施設は、淫夢の全てではないか。淫夢ミュージアム… その名の通り、真夏の夜の淫夢を全て詰め込んだ施設である。その施設は、ネット社会が生んだ闇の全てでもある。全ての淫夢厨に乾杯。

 

さて、10分後に4階で本編上映が行われるらしい、いってくるか。