記憶と運命

ある印象的なことの前には、「ん?これ夢で見たような」という違和感がうまれる。

それは、なにか未来の心の底に眠っている感情なのかはわからないが、そういうことがしばしばあるのだ。